top of page
  • fujimioboe

練習時から空間を意識しておく

部屋で練習している時、

知らないうちに

音を意識する空間が

どんどん狭くなってきて

譜面と自分との距離くらいまで

狭くなってしまう。


あるあるじゃないですか?

私もあります!


あ、と気づいてまた

意識を広くもつ。



私たちは見えるものを意識するのは得意!

前と横のことは意識しやすい。


忘れがちなのは

頭上

背面


頭上にも空間ありますね!

後も空間ありますね!

そう、ここも響かせられる空間です。



ずっと

譜面と自分の空間だけで練習していると

意識も内へ内へ向かいやすい。


でも音楽をするってことは

舞台で外へ外へ

表現を伝えること。


普段の練習の時から

広めに空間を意識することに

気を留めておくと


実際舞台で行うとこととの

ギャップが少なくて済みます。


あと時間や都合が許せば その日演奏する舞台上や客席を歩いてみると


今日はここまで響かせる空間なんだなー

こんな広さなんだなー

と認識することができ

空間イメージがしやすくなります。



お試しくださいね♪


ふじみオーボエ教室 川瀬愛

(埼玉県富士見市 東武東上線みずほ台駅、柳瀬川駅)





Comments


bottom of page