top of page
  • fujimioboe

オーボエ、イングリッシュホルン持ち替え術


オーボエ イングリッシュホルン コールアングレ

左イングリッシュ・ホルン 右オーボエ



イングリッシュホルンはオーボエ奏者が持ち替えて演奏します。


イングリッシュホルンとオーボエは全く別の楽器!


運指は同じなのでオーボエが吹ければ

イングリッシュホルンも吹けるのですが、

息のスピード感や鳴らし方やコントロールポイントは変わってきます。


イングリッシュホルンはオーボエより

・リードが大きい

・太い

・長い

・低い音域まででる


これらの違いはしっかり意識しましょう!


私の感覚でいうと、大河のような息のイメージ💨


ちなみに私は

イングリッシュホルンとオーボエ両方とも吹く日は

まずオーボエで音出しをします。

イングリッシュホルンでガンガン吹いてからオーボエを吹くと

息が散って、少し荒れた感じになるんです。

これはまったく逆の方もいるかもしれません。




曲中の持ち替えに関して

私は頻繁に持ち替えがある時は

ここの休みでリードを水につけて確認する

とか

ここの休みでリードを楽器につけておく

とか

ここで持ち替える

とか

吹くところがいきなりソロだったりすると、

ここのみんな吹いているにぎやかな部分で

ほんとはオーボエだけど、イングリッシュホルンで音出しをする

とか


リハの段階で決めておきます

そして楽譜に書いておきます

本番何かハプニングがあってあたふたしても

書いてある通りに準備したらよいのです

準備は万全にしておくにこしたことはありません😊




持ち替えは演奏とはまた別の神経を使いますよね!


でも、イングリッシュホルンがある時は

きちんとイングリッシュホルンの聴かせどころがある曲や、

おいしいソロがある曲ばかり


ここぞとばかり

ごりごり歌って

イングリッシュホルンの素敵な音色を聴かせましょ🎵


ふじみオーボエ教室 川瀬愛

(埼玉県富士見市 東武東上線みずほ台駅、柳瀬川駅)




Comentarios


bottom of page